Homebridgeをインストールする

HomebridgeはApple HomeKitのためのブリッジです。スマートホームサーバーと動かしておけば、HomeKit非対応のアクセサリなどをHomeKitアクセサリとして利用することができます。GoogleAmazonにしか対応していない機器をHomeKitで使えるようになります。

Homebridgeは、Raspberry PiLinuxマシン、QNAPやSynologyなどのNASWindowsマシン、Macなどにインストールできます。サーバーとして24時間動作させるので、Windows版やMac版はあまり使わないと思います。ここでは、Raspberry PiLinuxマシン、QNAPのNASへのインストール方法をメモしておきます。詳しくはHomebridgeのサイトをご覧ください。

homebridge.io

インストールの前に、HomeKitとHomebridgeの関係を整理しておきます。

Apple HomeKit

Apple HomeKitは、iPhone, Mac, HomePod, iPad, Apple Watchなどを使ってスマートホームを実現するためのフレームワーク、ライブラリ一式のようなものです。iOS, macOSなどのApple社OSの一部として組み込まれています。HomeKitに対応したIoT機器はアクセサリと呼ばれ、HomeKit Accessory Protocol (HAP)というプロトコルで通信します。HAPに対応した製品ならば、iPhoneMacのホーム.appから制御できて、Siriで操作できます。

HAPで通信できるHomeKit対応製品は、多数発売されていますが、GoogleAmazonに対応した製品ほどは多くありません。また価格も高い傾向があります。その中でも、スマートプラグのMeross Plugなどは、お値打ちな製品だと思います。また、前の記事で紹介したESP32で動くHomeSpanライブラリもHAPに対応したアクセサリを作ります。

Homebridge

Homebridgeは、オープンソースソフトウェアで、サーバとして稼働して、さまざまな機器をHomeKit対応アクセサリとして動作させます。HAPとそれ以外のプロトコルのブリッジとして機能します。これを使えば、HomeKitに対応していない製品、例えばSwitchBotの製品、Nature RemoなどがHomeKitで使えるようになります。HomeKit対応製品が少なく高価なことを補ってくれるありがたいツールです。また、MQTTやZigbee2MQTTなどのIoTでよく使われるプロトコルへの対応や、Raspberry PiのGPIOのコントロールなども可能ですし、自作のスクリプトやプログラムを起動させることも可能です。

Homebridgeは、多様なプロトコルや機器をHAPに対応させるために、プラグインを用いた構成になっています。色々な人たちがプラグインを開発し、それを組み込むことで多彩な機器に対応しています。Homebridgeを活用するためには、本体をインストールするだけでなく、目的に合ったプラグインを探してくる必要があります。

という便利なHomebridgeを、以下でインストールします。

Raspberry Piへのインストール

Raspberry Piを使い始めるには、WindowsMacからRaspberry Pi Imagerを使うのが便利です。これを使えば、起動用のSDカードやUSBメモリを作ることができます。ちなみに最近のRaspberry Pi 4ならば、設定を頑張らなくてもUSBメモリからの起動が可能になりました。SDカードは耐久性に問題がある場合がありますので、サーバーとして使うのならUSBメモリを使うのが良いです。

Raspberry Pi Imagerで、「OSを選ぶ」を選んで選択していくとHomebridgeが選択肢に現れます。これを選んで、「ストレージを選ぶ」からSDカードやUSBメモリを選び、「書き込む」ボタンを押せば、起動ストレージが完成します。

また、OSの選択が終わると、右下に歯車アイコンが出ます。これをクリックすると、WiFiの設定ができるようになります。Macならばキーチェーンから読み込んでくれます。ここで設定しておけば、起動後にネットワーク越しに操作できるので、Raspberry Piにディスプレイもキーボードも接続する必要がありません。

Linuxマシンへのインストール

このところRaspberry Piが品不足で入手困難なので、PC-ATX互換の普通のインテルCPUのデスクトップPCにLinuxを入れてサーバにするのも良いと思います。使わない古いデスクトップを抱え込んでいる人も多いと思いますし、その辺りに捨てられていることもあると思います。ジャンク品を二束三文で買ってきても良いと思います。私も、Raspberry Piが買えないので、放置していた初代Intel NUCであるDC3217IYEに、Ubuntu Server 22.04 LTSをインストールして使ってます。

Linuxマシンへのインストールも、簡単になっているようです。レポジトリを設定して、apt-getするだけで完成します。

curl -sSfL https://repo.homebridge.io/KEY.gpg | sudo gpg --dearmor | sudo tee /usr/share/keyrings/homebridge.gpg  > /dev/null
echo "deb [signed-by=/usr/share/keyrings/homebridge.gpg] https://repo.homebridge.io stable main" | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/homebridge.list > /dev/null
sudo apt-get update
sudo apt-get install homebridge

QNAPのNASへのインストール

すでにNASを動かしている場合でしたら、そこにインストールしてしまえば、追加の電気代もかからなくて良いです。QNAPやSynologyなどのNASで動かせるようです。その場合、簡易的な仮想マシンのような環境の、Dockerというのを使うようです。なお、古いQNAP製品だと性能が足らなくてDockerがサポートされていないこともあるようです。

QNAPの場合、Container StationというツールからDockerとHomebridgeをインストールします。Dockerが使うIPアドレスは、NASと共有することもできますし(同じポート番号は使えない)、NASとは別にDocker独自で持つこともできます。NASとは別にするのが良いと思います。また、Dockerで使う設定ファイルやデータをファイルサーバからも見えるように設定しておけば、管理も楽です。

Homebridgeの設定

設定が終われば(もしかしたらサーバーの再起動が必要かもしれませんが)Homebridgeは動いてます。設定したIPアドレスにポート番号8581を付けて、Webブラウザからアクセスすれば、設定画面が現れます。例えばIPアドレスが192.168.0.10だったら、

http://192.168.0.10:8581/

で以下のような画面が現れます。

ログインのユーザ名と初期パスワードは、どちらもadminです。このWebインタフェースから、ほぼ全ての設定が可能です。プラグインを探して、導入し、設定する操作もWebページから行えます。

HomeKitに登録する

これで出来上がったのがApple HomeKitのプロトコルHAPに対応したブリッジです。これをホーム.appから使用するためには、ブリッジとして追加します。ブリッジとアクセサリは同じような扱いらしく、メニューとしては画面の+マークを押して出てくる「アクセサリを追加」を選べば良いようです。ちなみにアクセサリの追加は、iPhoneのホーム.appからのみ可能です。Macからは追加できません。

アクセサリの追加を選ぶと、カメラが起動します。上でインストールしたHomebridgeのWebページに表示されているQRコードを読み込ませると、登録できます。

https://homebridge.io/assets/images/homebridge-ui.png

( https://homebridge.io/ から引用)